<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
よわり
今年も行ってきましたよわり。(昨年の様子
今年の獲物はマダコ×1、アワビ×1、ナマコ×2。
初めてタコをゲットしてエキサイティングでした。
友人からもタコを分けてもらい一見大漁で帰ってきました。
c0187980_22125892.jpg

アシナガタコを喜んで塩揉みする娘。
c0187980_2213826.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-29 22:23 |
サウナ小屋 その後
11月中の完成が12月中になり、結局未だ完成せず。
外装のガルバを貼り終え、建具を作り付けたところでとりあえず終了。
まだサウナ室の内装や庇や塗装、肝心なサウナボイラーの制作など、まだまだ道のりは長い、、
今年度中までということにしましょう。
c0187980_2252910.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-29 22:07 | 仕事
トイレのまとめ その2
ここでは便槽の変遷を紹介

一号
100Lのローリータンクにプラスチックの植木鉢。

最初のコンポストトイレのイメージは二号だったのですが、ホームセンターでバケツを探していた所、植木鉢(最初から底に穴があいていた)が目につき、さらにはその植木鉢にぴったりのローリータンクがあり購入しました。

赤線がバケツでそこに糞が溜まり底の穴から尿が落ちてタンクに溜まる仕組み。

結果、糞が溜まるより数段尿の溜まりが早く青線のようにすぐに糞が尿没しました。尿の量が意外に多かったのと案外蒸発するのかもという安易な期待があり失敗に終わりました。
糞と尿が混ざると匂いがきつくなるというもおかげでよく分かりました。当時、臭気煙突はただの黒パイプのみだったのですが、期待していた程空気の引きはありませんでした。

※屋外の煙突を黒にすると日光で熱せられ煙突内の空気が上昇し自然と空気が動くというのをなんかの本で読んだので、、
c0187980_18314753.jpg

二号
とういうことで最初に考えていたこのタイプに変更。

一号の植木鉢にセメントを練るプラ舟、あいだに糞が尿没しないようにブロック。

二号は丁度、あたたかくなって来た時だったので虫と匂いに考えさせられました。

まずは虫。虫というかウジ。
トイレを制作する時も虫は入ってこれないようにと思い、便槽の扉にはパッキンを入れたり、臭気煙突には網をはったり、便座にはふたを付けとやるだけはやったのですがハエってすごいですね。どこから入ったのか、すごい繁殖力。あれだけのウジを見たのは久しぶりでなぜか「はだしのゲン」を思い出しました。

それと匂い。
このタイプはどうしても尿はバケツの中の糞を通らなければなりません。糞は乾かず尿は臭くなる、その臭くなった尿は便槽内のプラ舟の中に溜まりさらに発酵する、といった悪循環。これじゃハエにとっても住み心地がいいでしょう。
それとこのときは結構匂いも上がって来ていたので、煙突も強制排気を考えました、が電気を使いたくなかったので非電化臭気扇を取り付けました。
c0187980_18315833.jpg

三号
一、二号の反省から尿を便槽内に置かず、糞と尿を分ける「し尿分離タイプ」に変更。

プラ舟にレールを付けて糞を取出しやすくし、また糞の乾燥を早めるため横にも穴のあるコンテナに替えました。さらに下に落ちた尿はプラ舟からホースを通って外のバケツに溜まるようにしました。
糞と尿を分離するため下の写真のようにコンテナを少しずらし、糞は黒丸の方に尿は青矢印のように穴をつたってプラ舟に落ちる仕組みにしてあります。

三号の問題点と改善方法。
男性の場合し尿分離しやすいですが、女性の場合なかなか難しい。
→この場合は便器の改良が必要。既製品ではこんなのがあります。

非電化臭気扇を付けましたが軸が錆びて動かなくなったり、風のない日は回らないなど、そんな日は匂いが上がってくる。
→10月より電気の臭気扇を取り付けました。やはり引きがよく匂いは一切上がって来ず。今後、ソーラーパネルで電力をまかうことが出来ればと考えます。

あとは虫、これが一番の問題。
三号は5月頃からだったのですがウジよりもアメリカミズアブという帰化昆虫が問題でした。ミミズコンポストでは有名なこの昆虫、成虫は害がないんですが幼虫が問題で糞に卵を産みそれが孵って幼虫になると糞をグチャグチャベチャベチャと名前の通り水浸しにします。さらにこの幼虫は登坂能力に優れていて便槽内を糞を引きずりながら這い回るという困り者。さらにさらに、用を足す時糞の所があちこちでうごめく姿を確認できます。

しかしこんなやつですが、うちの場合よいこともあり、なぜかこのミズアブが増え出すと環境が変わるからかウジ虫がいなくなりました。それに、グチャグチャにするので糞の嵩が非常に少なくなります。害もあり益もありと難しい所です。
→虫問題はずっと続きそうです。今のところは考え中。
c0187980_1832865.jpg

c0187980_14411100.jpg

c0187980_18323034.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-25 16:52 | トイレ
トイレのまとめ その1
先日、半年分の糞をコンポスト化させるため便槽より出して一区切りついたので、かんたん亭のトイレをまとめようと思います。

まずは制作過程。

なつかしい入居前のトイレとお風呂。
右側がかめトイレで左側が五右衛門風呂でしたが現実的に使用不可能な状態でしたので、一念発起して両方とも作ろうということになりました。
c0187980_11431655.jpg

そうと決まればとりあえず壊します。
入居前にしたことは、まず電気と水を引いたこと、その次にトイレを作りました。
今思えば「ライフラインの次にはトイレが重要」と思ったのかもしれませんね。
しかし、入居後何週間かはトイレが完成せず庭に穴を掘って用を足していました、、
c0187980_11433016.jpg

コンポストトイレ(バイオトイレ)の制作は初めてでしたので、色々考えたり資料を見たりして進んでいきました。(詳しくはその2で)
コンポストトイレの構造自体は簡単な物ですが、簡単な構造で出来ている物ほどその環境や作り方でガラッと変わります。このトイレにはそんなことを勉強させてもらいました。
c0187980_11434362.jpg

下の写真が現在のトイレです。

便器にはふたが付いていて臭気が上がらないようにしています。

糞をした後は見えなくなるようにカンナくずを振りかけます。
カンナくずはコンポスト化しづらいのですが、このトイレは便槽内でのコンポスト化を目標にしていないですし、消臭や出来るだけ乾燥させるという点で使用してます。
ワラくずや落ち葉でも良いと思いますが仕事で大量に出るし管理しやすいです。
今回溜まった便はコンポストに埋めて半年ぐらいでどうなるか試してみます。土に還っていれば良いですが、、

拭いた後の紙は便槽には捨てません。ボットン便所もそうですが紙は腐りづらいのでメンテや汲取の回数が増えます。紙はゴミ焼などのたき付けに使います。

現在のトイレはし尿分離タイプ(その2で詳しく)ですがなるべく尿を溜めないように男は庭で立ち◯ョンです。そうするだけで溜まる量がだいぶ違います。
分離してたまった尿は雨の日に直接畑に撒いています。雨の日はご近所に匂いが漂わなくてよいです。
c0187980_11435314.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-23 12:52 | トイレ
板金加工
現在制作中のサウナ小屋の外装を、悩んだ末ガルバの平葺きにすることにしました。

北海道の屋根で菱形のトタンが並んでいるのがあるのですが(菱葺き)それにちょっと憧れていて、、いつかはやってみたいと思っていました。

とりあえずやりたいことをやってみようと、、既製品を貼れば早いですが、誰もやらない手間をかけてみようと、、クラフトと建築の間のようでおもしろいです。

まずは材料。最初はサブロク(3尺×6尺)の平板を切って作ろうと思っていたのですが、ガルバのコイルが手に入ったのでラッキーでした。そして道具、平葺きにするにはハゼ折りしなければいけないのですがそのためにはアングルバッタという道具が必要です。しかし道具は買わずに自作でなんとかなり、これまたラッキー。

ガルバのコイル、尺5寸巾の20mを8,000円で購入。高いか安いか分かりません。。
c0187980_20225310.jpg

自作アングルバッタでハゼ折り中。
上ハゼやら下ハゼなどあるようですが全て6分曲げます。
c0187980_2023638.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-13 21:43 | 仕事
サウナ小屋 つづき
この小屋はただの箱にしたかったので軒がありません。
そのかわり箱全てを鉄板(ガルバリウム)で覆う予定です。
屋根はルーフィングを貼った上に隙間を開けガルバの波板を貼っています。
壁には透湿防水シートを貼った上に隙間を開けてガルバの平板を貼る予定。
c0187980_2052573.jpg

自分で製材した板を自動カンナにかけ、ミゾキリであいじゃくり加工します。
丸太からあいじゃくり加工までの道のりは遠いです。。
しかも数が多い、、飽きる、、
これからは内装材は購入した方がいいかもと考え中。
c0187980_2053784.jpg

今回の内装は全て木にしようと思ったのでこんな感じになります。
あまり好きではないけど材料があったし、一度経験してみたかったので。
壁、天井がヒノキ、床が杉です。
c0187980_20531735.jpg

さてさて、毎日こんな作業をしていると色々考えます。
今日、思いついたこと。

やっぱり造形やらしい小屋を建てたい!

ということになり、
色んな好き勝手な小屋を建てて、
(サウナ小屋、キッチン小屋、オフィス小屋、コンポストトイレ小屋etc,,)

それを建て売り(ユニックで吊って持っていく)しよう!
ということにしました。

そう考えると色々なことがしっくりいってストレスなく考えられます。
やっぱり好きなことをやるのが一番。

サウナ小屋はそれの第一歩です。
[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-08 21:31 | 仕事
うまい飯
うまい飯を発見!!

ご飯の上に釜揚げシラス、

その上にアジの天ぷら、

さらに上から大根おろしと自家製めんつゆ。

たまらん!!
c0187980_19303047.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-02 19:31 |
祝!!
娘の七五三。
結婚式もお宮参りも七五三も阿蘇神社。
ちなみに着物はかみさんが着たものです。
c0187980_20583244.jpg

阿蘇の友人が結婚しました。
嬉しいですね〜。
おめでとう!
ちなみにこちらも阿蘇神社で式を挙げたそうです。
c0187980_20581729.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-01 21:13 | イベント
サウナ小屋
やっと作りはじめました。

梅雨前から材料を用意していましたがようやく着工。

基礎は得意の掘立てです。
今回は”2m材を使って簡単に作る”実験も兼ねているので試行錯誤しながらの作業。
これからの展開や作り方、規模と材料の割合なども見えてくるでしょう。
c0187980_19534325.jpg

床板を貼ったので昼ご飯を食べて見ました。
こんなデッキも別の場所に作ろう。
c0187980_1954560.jpg

広さは3畳です。サウナ室が1畳、脱衣所兼2段ベット(ゲスト用)と盛りだくさん!
c0187980_19541691.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-01 20:56 | 仕事