<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
恒例行事
世間はゴールデンウィークで何だか明るい感じですね。
うちでは毎年恒例の?羊、、じゃなかった犬の毛刈りです。
これですっきり!初めての天草の夏はどうかな?
c0187980_2344427.jpg

先日うちの隣の空き地を借りました。
そこは日陰部分がありフキとミツバが採りほうだい。
まわりに採取できる食べ物があるってしわせだなぁ。
c0187980_2343174.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-30 23:21 | 季節
かんたん作業場
自動カンナを買ったはいいけど置く場所兼作業場がない、、
作らなければと思ってはいましたが、土地を借りてから作業小屋を建ててと考えるていると何だか無理があるし面倒だ。そこでとりあえず納屋に下屋を出してそこを作業場にしようということになりました。

以前より考えていたのですが、作業小屋は竹を使えないか?屋根はシートにして簡単に作れないか?イメージとしたらビニールハウスです。居住空間ではないので雨がしのげればいいのです、そして竹とシートでできれば予算も少なくて済む。それでかっこ良かったらなおいいですねぇ。

今回は下屋ですが竹でやってみようと思います。
c0187980_2061487.jpg
まずデコボコをなおします。広さですが約5.4m×3.6mです。屋根にはUVシートを使おうと思っているので既製寸法に合わせて下地を組みます。
c0187980_206235.jpg
竹のT字部分の継手方法。難しそうに見えますがやってみたら案外簡単です。
c0187980_208115.jpg
紐を引っ張って縛っただけではなかなかきつくなりません。そこで余った竹をスティックにして紐に巻き付けてぐるぐるとすれば引き締めることができます。
c0187980_2065128.jpg
筋かいも竹でしましたが、鉄の丸棒をおしゃれに加工すればいいかなと考えております。
今度やってみよう。
[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-24 22:50 | かんたん亭
中古自動カンナ きたー
またしてもヤフーオークションで購入。
マキタの自動カンナ2030。
送りローラーが心配だけどまぁ良しとしよう。
とりあえずまな板を削ってみました。
c0187980_19344695.jpg


メモ
マキタの営業所に寄って聞いてみると、、
送りローラー1本19,000円 5,000円ぐらいと思っていたのでビックリ、、
モーターからの駆動のゴムベルト5,000円 ん、4,000円だったかな?
追加
カンナ刃研磨の外注先(天草)がみつかりました。
研磨料1尺のカンナ刃で2枚セット1,200円、5寸で600円。
[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-21 19:42 | 仕事
障子貼り
雨の月曜日、障子を貼る。

これも懸案事項でした。
c0187980_2135420.jpg

障子がなんだか顔に見えるなぁ。


顔道サイコーです。
[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-20 21:44 | かんたん亭
簡單生活的小屋
山主でもあるN氏のご好意で山仕事をさせてもらってます。
こちらにくるまで天草という所は海のイメージが強かったです。しかし、山は山でとても深く照葉樹林と杉、檜の植林が広がっていて、阿蘇の山々とはまた違った感じです。
海と山の文化が混在していて日本を凝縮しているよう。

簡單生活的小屋を作るための第一歩として山仕事をさせてもらってますが、簡單生活的小屋とは何か?この考えに行き着くまではぐるぐるとあったのですが、、、
とりあえず、現段階ではこんなこと考えています。

・1人で(もしくは2人)作業できる。
・軽トラックでなんとかできる範囲。
・そう考えると山から切り出してくる長さが2メートルぐらいになる(人力での限界)。
・小径木や間伐材、元の方の曲がり材(1mぐらい)なども有効利用。
・広い家には興味がない(自分で作る範囲ではない)。
・そう考えると10m2以下(6畳ぐらい)がしっくりくるかなぁ(法的にもゆるいし)。
・私のアイデアだけでは乏しいので他の人からもアイデアや意見を聞いて違うスタイルも提案する。
・作業小屋、物置、居間、フリースペース、キッチン、風呂、トイレ、書斎などなど。
・これらの小屋が集まって家が形成される。

まとめると、短い材料を組み合わせて空間を作る、そんな空間(小屋)、生活を色々なスタイルで提案する。  う〜ん、考えると楽しくなりますね。

何か違うような気もするけど、まぁこんな感じですが、分かります?
分からないでしょうね。自分でもよく分かってないのに。
ということで写真。
山の作業です。
c0187980_10283937.jpg
玉切りした2m前後の材を谷に集める。集材は全て人力!九州の山はどこもこんな感じで急斜面でしょうね。下に道があるだけでもとてもラッキー。
c0187980_10285967.jpg
谷沿いに材を並べて上の材から順番に引っ張りながら滑らせていく。
c0187980_10273881.jpg
いや〜人力でも何とかなるものですね。写真は2tユニック2回分、N氏と2人で玉切りと集材で3、4日。この材は葉枯らししたもので比較的軽くなっています。

森林組合などで丸太を買えばなんてことない金額なんでしょうが、こうやって出してきたものを使うことに意味があるのです。たぶん、、

現在はこの材料を製材中。それからはN氏スタイルの小屋を作る予定。皆さんのスタイルも教えてください。こんな小屋が欲しい!こんなのはどう?など、お待ちしておりまーす。

ちなみに私の考えるスタイルの原型。阿蘇での作業場。全て2m以下の材料です。
c0187980_10573064.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-20 10:52 | 仕事
日曜日
太陽熱温水器は配管の継手で手間取りましたが、ようやく熱っっいお湯が出てきました。
自分で取り付けた温水器からお湯が出るというのはすごく太陽のありがたみを感じます。
薪エネルギーもすごいけど、太陽さんもよろしく!

これまた懸案事項の一つだった椎茸の駒うち。
といっても6本だけでしたが、、
助っ人の力を借りて無事終了。
しかし色んなお手伝いが出来るようになったなぁ。感慨深いです。
c0187980_22285693.jpg

さらにエキサイティングな日曜日。
ヤフーオークションで自動カンナを落札。
あーどきどきした。

メモ
配管継手について。
ポリエチレンパイプ用の継手はメーカーによってナットの大きさが違うので注意。
中古部品を手に入れるときは確認が必要。
参考
継手の接続方法
太陽熱温水器の取り付け方
[PR]
by kantanseikatu | 2009-04-12 23:00 | かんたん亭