マテ貝掘り
マーケット終了後、以前より話しに聞いていたマテ貝掘りへ。
潮を確認していったにもかかわらず中州に渡れず。
待つ事30分?膝上まで浸かりながらじゃぶじゃぶ中州に渡ります。
c0187980_14175162.jpg

平鍬で表面の砂を5センチ程削りマテ貝の穴を確認。
c0187980_14174378.jpg

穴に塩をふりかけ待ちます。
c0187980_14174782.jpg

穴からでてきたマテ貝を引っこ抜きます。
c0187980_14175017.jpg

取ったど〜!となります。

まーこれが面白いのなんの。
ここに穴があるよー、早く塩〜、まだまだ待て待て、引っ張るの早いよー、俺が、私が。
と、うるさい大人と子供たち。
子供がうまく捕まえられずにいると、親が横からひょいと捕まえます。
まったく大人げない親になって、子供心が蘇ります。獲れなかった子供は泣きますが。
そんな感じで大人も子供も大いに盛り上がれます。マテ貝掘りおすすめです。

しかも美味。2度おいしいとはまさにこのこと。

それと、近所の方がマテ貝掘りに来られていて手取り足取り教えていただきました。
ありがとうございました。
[PR]
by kantanseikatu | 2012-05-27 14:16 | 季節
<< 麻雀ワークショップの報告 5月のカンタンヤマーケットの報告 >>