「ほっ」と。キャンペーン
トイレのまとめ その1
先日、半年分の糞をコンポスト化させるため便槽より出して一区切りついたので、かんたん亭のトイレをまとめようと思います。

まずは制作過程。

なつかしい入居前のトイレとお風呂。
右側がかめトイレで左側が五右衛門風呂でしたが現実的に使用不可能な状態でしたので、一念発起して両方とも作ろうということになりました。
c0187980_11431655.jpg

そうと決まればとりあえず壊します。
入居前にしたことは、まず電気と水を引いたこと、その次にトイレを作りました。
今思えば「ライフラインの次にはトイレが重要」と思ったのかもしれませんね。
しかし、入居後何週間かはトイレが完成せず庭に穴を掘って用を足していました、、
c0187980_11433016.jpg

コンポストトイレ(バイオトイレ)の制作は初めてでしたので、色々考えたり資料を見たりして進んでいきました。(詳しくはその2で)
コンポストトイレの構造自体は簡単な物ですが、簡単な構造で出来ている物ほどその環境や作り方でガラッと変わります。このトイレにはそんなことを勉強させてもらいました。
c0187980_11434362.jpg

下の写真が現在のトイレです。

便器にはふたが付いていて臭気が上がらないようにしています。

糞をした後は見えなくなるようにカンナくずを振りかけます。
カンナくずはコンポスト化しづらいのですが、このトイレは便槽内でのコンポスト化を目標にしていないですし、消臭や出来るだけ乾燥させるという点で使用してます。
ワラくずや落ち葉でも良いと思いますが仕事で大量に出るし管理しやすいです。
今回溜まった便はコンポストに埋めて半年ぐらいでどうなるか試してみます。土に還っていれば良いですが、、

拭いた後の紙は便槽には捨てません。ボットン便所もそうですが紙は腐りづらいのでメンテや汲取の回数が増えます。紙はゴミ焼などのたき付けに使います。

現在のトイレはし尿分離タイプ(その2で詳しく)ですがなるべく尿を溜めないように男は庭で立ち◯ョンです。そうするだけで溜まる量がだいぶ違います。
分離してたまった尿は雨の日に直接畑に撒いています。雨の日はご近所に匂いが漂わなくてよいです。
c0187980_11435314.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-12-23 12:52 | トイレ
<< トイレのまとめ その2 板金加工 >>