土間キッチン
この家は最初からキッチンがありませんでしたので、流しやガス台を持ち込み仮設キッチンで生活しています。
毎日家族の行き交うところですのでなかなか手を付けずにいましたが、ここに来てようやく重い腰を上げ少しずつではありますが土間キッチン改修中です。

土の土間だったところを引っ越し前にコンクリートを打ち早1年。
まず最初にしたのは普段荷物置き場になっていた土間半分のタイル貼りです。テラコッタタイル(素焼きのタイル)を探しましたが、高かったのと水気を吸うということでテラコッタ風の磁器タイルがありましたのでそちらに変更。これがまた良い雰囲気。
タイル貼りについてはまた半分をする時に詳しく。

タイルを貼ると断然明るくなり、そうすると今度は壁が気になります。腰壁は土壁でしかも下から30cmぐらいが湿気のせいだと思いますが崩れてなくなっている状態でした。

色々模索した結果。
土壁の補修は断念して、5mm程空けながら板を貼りそこにコーキングを詰めるやり方になりました。
板も畳の裏板をカンナがけして使用。それが新品より味があり、虫食いの後もいい雰囲気。
結果オーライな造形的な壁になりました。
c0187980_19562352.jpg

畳の裏板のカンナがけ。
古い家ですが古材を使って古くしたくなかったのでずっと使わずに取ってありました。
自動カンナのおかげで再利用できるようになりました。
c0187980_1956381.jpg

トイレの追伸。
以前の非電化臭気扇、最近回らんと思いきや軸が錆びておりました。
そんなわけで不本意ですが電化になりました。
やっぱり空気の引きがよく、匂いが全然上がってきません。やっぱり電化かぁ、、。
c0187980_1956525.jpg

[PR]
by kantanseikatu | 2009-10-24 20:48 | トイレ
<< 干し柿 店舗の改装2 >>